仮性包茎の治療の特徴や内容

ロゴ
トップページ
<仮性包茎で使用される治療方法>
仮性包茎は包茎の中でも一番割合が多く、日本人男性の7割程度は仮性包茎だといわれています。 普段は亀頭部分が包皮に覆われていますが手で剥くことができますし、勃起すると勝手に露出するため基本的に日常生活に支障をきたすことはありません。 そのため、絶対に手術を受けないということはありませんし、受ける人もそれほど多くないというのが現状です。 しかし、清潔な状態を保つことができなくて悪臭がしている人や性病リスクを抑えたいと思っている人、早漏を改善したい人は検討されてみてください。 仮性包茎の場合、日常生活に大きな影響を与えることが少ないですが、清潔な状態を維持するのが難しくて性病に感染するリスクが高いです。 また、普段亀頭部分に刺激を受けていないので性行為の時にすぐに射精してしまうケースが多く、これがトラウマになりEDになる人もいます。 仮性包茎で治療をするのかどうかは本人の意思次第なので何か困っているのであれば行うのも良いかもしれませんし、不自由に感じていないのであればわざわざ受ける必要はないといえます。 仮性包茎で使用される治療方法はレーザー手術やナチュラルピーリング、根元部固定法といったものです。 包茎病院で行うレーザー手術とは余分な皮を切除して亀頭を露出させるというもので、出血が少なく患者さんの負担が軽いです。 ナチュラルピーリングとはメスを使用せずに余っている皮と亀頭の下部をくっつけるという治療方法で自然な仕上がりになります。 根元部固定法とは専用の接着剤を使って根元部分に集めた包皮を接着するという治療方法で半年ほど持続効果があり、上手くいけば剥き癖がつきます。 仮性包茎の治療を行う場合、病院でもクリニックでも健康保険は適用されないので全額自己負担となります。 仮に受けるのであれば包茎手術ランキングを参考にするとだいたい10万円〜15万円ほどはかかると思っておいた方が良いかもしれません。 どこで治療をするのかによって大きく治療費用が異なりますが、クリニックで受けた方が仕上がりが綺麗というメリットがあります。

<真性包茎の治療>
真性包茎とは常に亀頭部分が包皮で覆われていて手で剥くことができなかったり、勃起しても亀頭が露出しない状態のことをいいます。 そのため、日常生活に支障をきたすことが多いので治療を希望される方が多いですし、今後のことを考えると治療された方が良いでしょう。 真性包茎の場合、皮を剥いて洗うことができないのでペニスが不衛生な状態になってしまい悪臭を発生させたり、性病リスクが高まります。 また、性行為の時に激痛を感じることがありますし、膣内に上手く射精することができないので男性不妊の原因にもなります。 そして、真性包茎をコンプレックスに感じてしまうことで勃起障害を促すケースもあるので注意が必要です。 真性包茎を治療する場合、よく使用されるのが包皮環状切開術という手術方法だと思ってください。 包皮環状切開術とは陰茎を最大に伸ばした上で余分な包皮をカットして亀頭部分を露出させるという手術方法です。 包皮環状切開術には手術時間が短い、術後の痛みが少ない、勃起時の突っ張りが無いというメリットがあります。 また、性行為時の感度が低下しないというメリットや溶ける糸を使用するケースが多いので抜糸しなくてもいいというメリットもあります。 ただし、場合によっては入院する可能性があったり、術後に包皮が腫れてしまう可能性があるというデメリットがあります。 この他にも余分な包皮をカットして亀頭の下部分に縫合する亀頭直下埋没法や包皮環状切開術と亀頭直下埋没法のデメリットの特徴を生かした亀頭下環状切開術という手術方法も使用されています。 真性包茎の場合は仮性包茎とは異なり、日常生活に支障をきたすと判断されるため病院で治療を受ける時は健康保険が適用されます。 健康保険が適用されるとだいたい1万円〜3万円程度で治療を受けることができるので自己負担額は非常に少なく済みます。 しかし、自然な仕上がりにこだわりたいのであれば健康保険は適用されませんがクリニックで治療を受けた方が良いでしょう。人気のクリニックはこちら⇒包茎手術no.1 クリニックや病院をランキング



Copyright(c) 仮性包茎の治療の特徴や内容. All right reserved.